白名又太の勝手に人生相談~とりあえず5分~

白名又太の勝手に人生相談~とりあえず5分~

気になったニュースや話題について、独断と偏見に基づいた視点で紹介、分析、考察していくトータルニュースメディア。考えるきっかけを発信する情報基地。

働く、それは理不尽との闘い

誰もが一度は通る道。
そう、「理不尽」との闘い。

みなさんはどうでしょうか。
家庭、学校、部活動、会社などなど。

どこかで「いやいや、ちょっと待ってくれよ」的な出来事に出合ったことはありますか?

僕は現場で働いてこともあるのですが、何度となくそういった場面に出くわしましたね。

例えば、自分がしていないミスをたまたまその場を通りがかっただけで自分のせいにされてしまう。ほんまはね、喉元まで出かかっているわけです。
「いやいや、ちゃいますよ、それ!僕じゃないです!」と。

ただね、言ったところでなんですよ。ミスした人が名乗り出るわけでもないし。それはもうね、自分の間の悪さを反省するしかないわけで。そして、そういうミスをするであろうと思われている自分自身の力量の問題でもあるわけです。

僕の対処法、それは、受け入れる。
「沈黙は金」
とはよく言ったもので。

理不尽な出来事と言うのは、働き始めに感じやすいと思うんですね。
つまり、自分がまだまだ仕事ができない状況で起こりやすい。
もちろん、そこで「いやいや、それは違いますよ!」
という主張するのも一つなんでしょう。

でもね、僕はつい思ってしまうわけです。
「今、これを言ったところでなぁ。。。」と

正解はわかりません。
ただ、僕はいつもこう思ってるんですね。
「実力をつけて、発言できるようになるまでは我慢や!」

なんていう僕の話はほどほどに。今日の話にいきましょう。


佐々木常夫:マネージメント・リサーチ代表

president.jp

働いていれば、必ず出くわす様々な人間関係。そこにどう立ち向かうのか。そのヒントが隠されている気がします。
そして、この記事に出てくる佐々木さん。どこかでこの名前を見た気がするなーと思ったら、本を出されているんですね。道理で見たことあるわけです。

折れない心

社会に出て必須のアイテム。それが折れない心。これがあれば、どんな困難にも立ち向かっていける。

逆に、これがないと少し壁にぶつかっただけで挫けてしまう。萎縮し、自信を失くし、憂鬱な日々を過ごすことになってしまうかもしれない。

そうならないために、ぜひこの記事を一読してほしいわけです。僕は記事に出てくるこの部分に特に共感しました。

会社勤めをしていると、精神的に辛い状況に置かれることは少なくないと思います。特に経験が浅いうちは未熟ですから、上司からたび重なるダメ出しや叱責を受けて、心が折れそうになることもあるでしょう。そこで萎縮してしまわないために、ぜひ前提として知っておいてほしいことがあります。それは、「私たちは何のために仕事をするのか」ということです。

要は、私たちが仕事をする意義は、自分の幸せをつかむことにあると納得できればいい。そのように働く意義を自分ゴト化して捉えることができれば、困難に直面してもエネルギーが湧いてくるものです。図太い人でも、小心者であっても心を支える土台は変わらないのです。

社会の波に飲まれない。そのためには、自分を見失わないこと。幸せは他人が運んで来てくれるもんじゃないんです。自分でつかみ取りにいかんとダメなんです。何が言いたいかというと、自分の考えは自分で守る。そういうことです。

折れない心、それは自分を大切にする心でもあると思います。

メンタルはどうとでもなる

f:id:abbiamo:20170711111633j:plain

これはね、ほんまにそう思うんですよ。よく自分のことを「私はネガティブなので~」とか「僕はマイナス思考やから~」とか。結構いるんですよね。いやいや、ちょっと待てと。そんなもん、自分次第ちゃうんかと。

確かに年齢を重ねれば重ねるほど、それまでの考え方が積み重なってくるわけで。そういう意味では、若いほど頭が柔らかいというのはあるかもしれませんね。でも、考え方を変えるのは思っているほど難しいことではないと思うわけで。

いきなり考え方を変えようとするから、そんなんできひんわ!となるんですよね。昨日、今日でいきなり考え方が変わりました!っていうのは、あまり現実的じゃない。

じゃあ、どうするのか。まずはね、言葉や行動を変えてみるんです。考え方と言われてもなんか漠然としていて形がないからわかりづらい。でも、言葉や行動は目に見える、もしくは耳に聞こえるから確かめることができる。

それを続けることで、考え方も変わってくる、そう思っているんです。

理不尽やから、やってられへんわ

ではなくて、

理不尽やから、次はこうしてやろう

そんな風に考えることができるようになれば、自分の成長スピードも上がるんじゃないでしょうか。まあ、あまりにも度が過ぎた理不尽の場合は、他のアプローチが必要なときもあるかもしれませんね。


それではこの辺で。


言葉一つ。それだけで相手の気持ちは変わる。

ということでね、気付けば7月ですよ。
早いもんですね。もう、今年の半分が過ぎてしまったわけです。

さて、みなさんの上半期はいかがでしたか?

思い通りにいった人もそうでない人も、まだまだこれからですよ。

自分の時間を大切に。
それだけは自分で守らなくちゃいけない。

だれもあなたの時間に責任を持ってくれませんからね。

今日のお話は言葉についてです。
普段何気なく使っている言葉の数々。

その言葉を見直すだけで人生が変わるかもしれません。
・・・え、誇張しすぎ?そんなわけない?
まあまあ、落ち着いてください。
いやいや、ほんとにね、それくらい言葉の持っている力はすごいんですよ。

では、早速、話を進めていきましょう。


殺し文句

www.dailyshincho.jp

言葉の使い方を心得ておけば、間違いなく心強い武器になる。人に好かれる人は、使っている言葉が違うと思いませんか?

相手を待たせた時に

記事の中で紹介されている原敬田中角栄のエピソード。読んでいて思わず、「なるほどなー」と感心してしまいました。

言葉には三種類あると思うんです。

一つ目は、自分の思っていることや感じていることを話すときに使うもの。

二つ目は、自分の思ってもいないことや感じてもいないことを話すときに使うもの。

三つ目は、相手の気持ちを汲んで話すときに使うもの。

人間関係においては、この三つ目が大切やと思うんですね。どれだけ、相手に寄り添った言葉を投げかけることができるのか。

これは何も甘い言葉や綺麗事を並べ立てるということではないんです。
ときに厳しく、ときに優しく
言い換えるなら、
ときに相手に必要な言葉を、ときに相手が欲している言葉を
ということです。

「言葉は受け手のことまで考えて」

これなんとちゃうんかなと。

最後に・・・

f:id:abbiamo:20170710104836j:plain

もちろん言葉は万能ではないわけで。それだけで、すべてがうまくいくなんてことはないんです。

ただ、言葉の持つ力を認識して使うようにすれば、もっと生きやすくなる、はず。

大事なことは「観察」やと思うんです。観察なくして、相手の気持ちを汲み取ることはできませんからね。

ほんの少し、いつもより相手を観察してみましょう。今まで見逃していたことに気付くかもしれません。きっとそれが、何か新しいきっかけになるはずです。


それではこの辺で。


魅惑のランジェリーなるものについて考えてみた

はい、ということでね、今日のテーマは「魅惑のランジェリー」

ひゃっほーーー!

男性諸君、君たちの好きなランジェリー、そうランジェリーですよ!

え?!
なんで、ランジェリーなのかって?
それは僕がランジェリーについて書きたくなったからです(笑)

この変態野郎?
ちょっと!だれが変態なんですか!!
え?いやいや、まあ、ね、そう言われてみれば、変態の気もしてくるけど。。。

とりあえず、男はね、みんな変態なんです!
そう、みんな変態!
ここ重要。女性のみなさんは覚えておいてください(笑)

なんか、あれですね。
ランジェリーって書くとなんか上品な響きになるけども、和訳したら女性用下着のことなんですね。

なんか色々ニュースサイトを読んでたら、女子力アップ的なサイトがあったわけで。
そこで気になる記事があったから、ちょっと引っ張ってきました。

しょうもないことこの上なしですが、お暇があればお付き合いくださいませ。


彼をトリコにするために

googirl.jp

まあ、ね、いろんな見解があるわけですね。参考にするくらいがちょうどいいような気がします。なんでもそうですが、情報ってのは鵜呑みすることほど危ないもんはないですから。

そもそも、男たちに共通のストライクゾーンがあるのか?

ここですよ、問題は。

そんなね、全国共通の魅惑のランジェリーが存在するのかと、僕は聞きたいわけなんですよ。

僕の数少ない経験と周りから聞いた話を総合するとですね、そんなものは、、、ない!

ここ重要なのでもう一度。
そんな全国共通のすべての男をトリコにできる必殺ランジェリーなど、、、ない!

と思います(笑)

もし、見つけた方がいましたら、ぜひご一報ください!

まあ、でもね、普通に考えてみても、理想のタイプとか好きなタイプって千差万別じゃないですか。ってことはですよ、当然、理想のランジェリーとか好きなランジェリーも好みが分かれると思うんですよ。

そうなると、一撃必殺を狙うのはなかなか厳しいんとちゃうかなと。それを狙う場合は一か八か的な感じでいくしかないと。「このランジェリーで落ちなかったら、しょうがない」くらいの精神が必要なわけで。

なので、女性のみなさん、まずは全国共通の魅惑のランジェリーなど存在しないと思ってください。そんなものは幻です。多分、きっと、幻です。

ランジェリーの持つ力は?

これは少なからず、あります。ありますが、個人的にはそんなに影響力は大きくないと思います。

「俺たち、ランジェリーの趣味が合わないから、別れよう」

なんて聞いたことないし。いや、あるかもですよ。もしかしたら、こういうことがあるかもですが、それで別れるくらいならどのみち長くは続かないと思うのです。

確かに身だしなみとしては大切。ランジェリーに限らず、清潔感は大事ですから。

ただまあ、ランジェリーの力を過信すると危険ですね。

「ランジェリーの力で落としたい!」ってのは、もはや、「ワンナイトラブしたい!」っていうのと同じやと感じますから。

そらまあ、男もオスですからね、セクシーなランジェリーを見たら興奮するでしょう。少なくとも僕はします(笑)

でもね、その興奮と恋愛感情は別物のはずなんです。だって、興奮=恋愛感情やったらね、もう、この世の中、セクシー女優に恋する男たちで溢れかえりますよ(笑)でも、そうはなってない。ってことは、どういうことか?興奮と恋愛感情はイコールではないってことですね。

もちろん、彼の好みに合わせたいっていう健気な乙女心は素敵です。でも、相手に合わせるってのは諸刃の剣なんですよ。だって、合わせ続けることなんて無理ですから。合わせすぎると、必ずどこかでパンクします。そうならないように、たまに彼好みにしてみる、くらいがちょうどいいと思うわけです。

最後に・・・

f:id:abbiamo:20170628104722j:plain

とりあえずね、好きになった相手やったら、あばたもえくぼって言いますからね。なんでも可愛く見えるもんです。

ランジェリーはあくまでも+αですから。そこで勝負する必要はないと思うわけで。

彼をトリコにしたいなら、もっと他のアプローチを考えた方がいいような気がします。

まあ、胃袋つかむのはでかいと思いますね。食事は毎日のことやから。

ってことでね、ランジェリーも大切やけど、それがすべてではないよって話でした。

いやー、しかし、今日が人生で一番「ランジェリー」という言葉を使った日になったな(笑)


それではこの辺で。


成功するために必要なことは何ですか?

「成功したい」

大なり小なり、みんな思っていることやと思うんですね。
まあ、一口に「成功」と言っても、十人十色の「成功」があるわけで。

経済的な成功、人間関係での成功、仕事面での成功。
それぞれがそれぞれに思い描く成功があるわけで。

じゃあ、成功するためにはどうすればいいのか、となるわけです。
一番身近で参考にするもの、それがおそらく本なんですね。

僕自身も何冊か読んだことがありますし、みなさんの中にもきっと読んだことがある人も多いと思います。

その結果、、、成功しましたか?
何か満足のいく結果を得ることができましたか?

いろいろ読んでみたし、いくつか行動もしてみたんやけど、なかなか思うようにいかない、ということが多いんじゃないでしょうか。

今日は成功するために必要なことは何なのか、それを少し考えてみます。


長谷川 雅彬:ブランディング戦略アドバイザー

toyokeizai.net

これは確かに気になるところですよね。

成功哲学に潜む罠

成功した人の体験を読む。これ自体は参考になるし、学ぶところもあるもんです。

ただ、それをマネしたからと言って成功できるのか?
答えは残念ながら、ノーでしょう。

なぜか?

それは、相手はあなたではないし、あなたは相手ではないから。つまり、まったく同じ条件、環境のもとではないからです。

当たり前のことですが、成功するといってもその理由は一つではありません。成功した人が後から振り返って感想をまとめもの、成功した人に共通して見られる特徴を並べたものを読んだところで、それがあなたの成功を保証するものにはならないわけで。

記事の中にも出てきますが、

「観察できることしか考慮されていない」

この事実がものすごい重要やと思うんですね。一見、同じように見える行動でも、その背景にある考えは違うかもしれない。計算と同じです。結果は同じでもそこに至るまでの過程、つまり、式が違うかもしれない。

何が言いたいかというと、行動だけを切り取って比較、検証したところで、それ自体にはあまり意味がないということです。
行動だけを見るのではなく、その背景を考えること。これが大事やと思うんです。

確率を上げる方法

絶対に成功する方法なんてないんです。だから、それを探すのは時間の無駄です。

それよりも、どうすれば成功に近づくのか。ここがポイントやと思うわけで。

そのためには、確率が上がることを探して実践する。そして、それを続ける。それしかないんとちゃうんかなと。

上手い話なんてないわけで。自分の五感を使って、今、できることを精一杯やる。これなんでしょうね。

常にアンテナを張っておく。これも大事やと思いますね。きっと至る所にきっかけは転がっていて。それに気付くか気付かないか、その差だけなんやと。同じものを見ても考えることは違うわけですから。

考えの差が行動の差に。行動の差が結果の差に。そういうもんやと思うわけで。

最後に・・・

f:id:abbiamo:20170627151149j:plain

結局、「何かこれをしていればオッケー!」みたいな方法なんてないということです。残念。

地道に一歩ずつ積み重ねていくしかないわけです。これはもう、我慢比べですよね。

どこまで粘り強く取り組めるか。どこまで継続して取り組めるか。

魔法もなければ、万能薬もない。裏技もなければ、近道もない。

まずは、これをしっかりと認識すること。

その上で、当り前のことを当り前にやっていく。ここ、意外と見落としがちですが、何事も基本が大事。

いきなり応用問題なんて解けないわけですから。一つ一つを丁寧に、そして確実に。

あとは、イメージですね。こんなん言うと、一気に胡散臭くなってしまうんですが(笑)みなさんが思っている以上にイメージの持つ力って大きいと思うんですよ。

まあ、また、イメージについては別の記事で書きたいと思います。


それではこの辺で。


売り上げをあげるにはどうしたらいい?

さて、ということでね、今週は雨降りが多いみたいですが、明るく元気にいきましょう!

今日はね、働く人にとっての至上命題、「売り上げ」についてのお話です。
働き始めると、ほとんどの人は売り上げを気にかけるようになりますよね。

僕もそうでした。
この数字を増やすには、まず、これがあれで、あれがこれで。。。

数字とにらめっこする日々が続くと、何のために働いているのかわからなくなる瞬間があるんですよね。
原因に見当がつく場合もあれば、つかない場合もあるし、そもそも原因なんて一つじゃないし。
どうしたらいいのか、途方に暮れてしまうこともあるわけで。

そんなとき、少し立ち止まって考えてみてください。

何かうまい仕掛けはないもんかな?と。
この記事がそのヒントになれば嬉しい限りです。


松村 真宏:大阪大学大学院経済学研究科准教授

toyokeizai.net

世の中にはいろいろな研究があるもんですね。

行動を誘う仕掛けとは

アメリカやカナダに展開しているスーパーマーケットの話。スーパーのカゴの底に肉や野菜、フルーツを置く場所をテープを貼って区切る。それだけで、野菜やフルーツの購入が増えたという報告があるんですね。これは視覚的に野菜やフルーツを買っていないことに意識が向いた結果なわけです。

また、アメリカのダンキンドーナツでは、警官に無料かもしくは格安でコーヒーを提供したそうです。すると、どうなるか。警官が立ち寄る回数が増える。そうすると治安が良くなる。そしたらお客さんも安心して行くことができるわけです。

無理に何かをするのではなく、ちょとした仕掛けをするだけで、お店側とお客様側の双方が満足する結果が得られる。これはとても興味深いと思いませんか。

「誰も損しない」ことが重要

この記事の中では、仕掛けの定義を以下の3つの要件でまとめています。

1.公平性(Fairness)

2.誘引性(Attractiveness)

3.目的の二重性(Duality of purpose)

詳しくは記事をご覧いただければ書いてありますが、要するに「誰も損しない」ことが重要なわけです。

特におもしろいと思ったのが、3つ目の「目的の二重性」です。売る側と買う側、当然その目的は違うわけですよね。そこをどう組み合わせるのか。ここが仕掛けどころなんでしょうね。

片方が得をして、片方が損をする。それではいずれ成り立たなくなってしまうもんです。

近江商人ではないですが、三方良し売り手良し買い手良し世間良し)の精神を大切にしたいですね。

最後に・・・

f:id:abbiamo:20170626113628j:plain

働いていれば数字は切っても切れないもの。その数字と喧嘩せず、仲良くなるには「今」だけじゃなくて、「この先」を一緒に見ることやと思うんですね。

何をそんな悠長な、と思うかもしれませんが、そもそもね、そんなすぐに特効薬のように効く方策なんてないわけですよ。そしたら、何が大事がというと、まずは「観察」することです。

数字には必ず意味があるもんです。その意味を考える。原因と結果は必ずセット。この意識は重要なわけで。

数ある事例を色んな角度から観察する。そうすると、その数字が持つ背景が見えてきます。

それが見えたら、あとはどういう仕掛けをするか。私利私欲はダメですよ。誰も泣きを見ないようにするにはどうすればいいか。つまり、みんながハッピーになれるように。ここがポイント。

あなたが数字と仲良くなり、楽しんで仕事ができますように。


それではこの辺で。